全身脱毛 生理不順

生理時の脱毛

生理不順だといつ生理になるか予定がたちにくいので、脱毛サロンの予約がとりづらいですよね。
いろいろと考えて予約をしたのに、生理になってしまったとなると、とてもあせります。

 

生理の時にはホルモンバランスがくずれているのでお肌のトラブルを引き起こしたり、痛みを感じてしまったり、施術後に赤くなってしまったりするので、脱毛サロンとしても生理時の脱毛はおすすめしていません。

 

脱毛サロンによって、生理時の対応は違います。

 

「生理になった時はキャンセルするしかないの?」
「急にキャンセルしてキャンセル料とられる?」
と心配な方に、脱毛ラボとキレイモの生理時の対応、キャンセル料のことなどをまとめました。

 

脱毛ラボとキレイモ、生理不順の方にはどちらのサロンが向いているかの参考にしてください。

 

脱毛ラボ 生理でも脱毛できる?

脱毛ラボ生理

 

脱毛ラボは生理の時でも、VIOとヒップ以外の脱毛は可能です!

 

生理中は、紙ショーツに履き替えずに自分のショーツで施術を受けるので、ヒップは脱毛できないということ。

 

でもそのVIOとヒップの部位を後で振り替えて施術してもらえるのか?

 

という点で、月額コースと回数パックプランで違ってきます。

 

月額コースは、VIOとヒップだけ別の日に振り替えて施術してもらうことはできません。

 

回数パックプランは、VIOとヒップだけ別の日に振り替えて施術をしてもらえます!

 

月額コースではVIOとヒップが1回分ムダになってしまうので、早めにキャンセルをして予定変更をして、予約日を取り直すのがベターです。

 

月額コースの場合は同じ月内に予約がとれないと翌月に持ち越せないというデメリットがあるので、できれば、生理不順の方は、回数パックプランにしておいたほうがいいでしょう。

 

しかし、生理時はお肌のトラブルを引き起こす可能性があるので、もし生理と重なりそうだなあとわかった時点で、できれば早めにキャンセルをして予定変更をするのが無難です。

 

脱毛ラボのキャンセルのルールは、

 

2日前の21時30分までに予約変更すればキャンセル料はとられませんが、

 

前日から当日のキャンセルは1,000円のキャンセル料が発生。

 

しかも、当日のキャンセルは施術1回分の消化です。

 

もし前日や当日生理になってしまったという時は、キャンセル料1,000円だけならまだいいですが、施術1回分ムダにしてしまうのはもったいないので、

 

体調がよさそうなら、VIOとヒップ以外を施術するのがいいかもしれません。

 

そのときは、お肌のトラブルはあくまでも自己責任になってしまいますが。

 

生理不順の方には、回数パックプランの契約がおすすめです!

 

脱毛ラボ生理時の対応について

 

 

キレイモの生理時の対応は

 

キレイモ生理

 

キレイモは、生理時でもVIOとヒップ以外は施術可能です。

 

そして、脱毛ラボと違って、月額プランでも回数パックプランでも、施術をしなかったVIOとヒップは1回分消化扱いになるので、気をつけてくださいね。

 

キレイモでは、生理中はホルモンバランスがアンバランスなので、お肌が荒れやすいため、生理中の脱毛はおすすめしていません。

 

できるだけ、生理日と予約日が重なりそうだとわかった時点で、キャンセルの連絡をするべきですが、キレイモでは月額パックと回数パックでキャンセル・予約変更のルールが違います。

 

キレイモのキャンセルのルールは、

 

月額プランの場合は
マイページから予約日の3日前の23時59分までに、コールセンターへの電話で3日前の21時までに連絡をすればOKですが、

 

それ以降は、前日、当日のキャンセルは施術1回分消化扱い

 

回数プランの場合は
マイページから予約日の前日の23時59分までに、コールセンターへの電話で前日の21時までに連絡をすればOKですが、

 

それ以降は、当日のキャンセルで施術1回分消化扱い

 

ということになっています。

 

キレイモでは、月額プラン、パックプランともに生理時の対応は同じですが、

 

キャンセルのルールが月額プランの方がきついので、

 

生理不順の方はやはりパックプランでの契約がおすすめです。

 

当日生理になってしまったら、やはり施術1回分消化扱いにしてしまうのはもったいないので、

 

体調がよければ、VIOとヒップ以外を脱毛してもらうのがいいでしょう。

 

あくまでも自己責任でお願いします。

 

キレイモ生理時の対応

 

 

薬を飲んでいたらアウト!

 

脱毛ラボにしてもキレイモにしても、薬を飲んでいる場合は、生理であろうとなかろうと施術は受けられません。

 

生理痛の薬などを飲んでいると何かトラブルが起こった場合、サロンの方では責任をとれないので、予約日が近い場合は、薬は飲まないようにするか、どうしても薬を飲む場合は早めのキャンセルをしておきましょう。

 

市販の薬でも医者に処方してもらった薬でも同様です。

 

 

生理不順の方にこんな脱毛サロンもありますよ!

 

脱毛ラボもキレイモも、VIOとヒップ以外は脱毛できるにしても、その部位は脱毛できなくなってしまったり、自己責任でお金がもったいないからと脱毛しなければならなかったり、キャンセルのルールが面倒だし

 

と、生理不順の方にはいろいろと考えちゃいますね。

 

一番困るのは、予約日当日に急に生理になった時です。

 

生理不順の方に、おすすめなのが全身脱毛専門の脱毛サロンシースリーです。

 

シースリーでは、

 

生理時の脱毛は全身どの部位も脱毛できません。

 

ですが、

 

当日のキャンセルも予約時刻1分前までOK

 

予約している店舗に電話をすれば、ペナルティ無しにキャンセルができます。

 

予約日当日、朝起きたら、生理になっちゃったあ!という時にも安心ですよね。

 

できれば、生理日には脱毛したくないもの。お肌によくないですし、あとあとお肌のトラブルが起きてしまっては憂鬱です。

 

生理不順の方は、当日キャンセルできるシースリーも全身脱毛の候補に入れてみてください。

 

もちろん、無断キャンセルはどこの脱毛サロンでも厳しいです!

 

シースリー

 

 

生理の時に脱毛をするのはどうなんでしょうか?

 

生理前から生理中、生理直後にかけてはホルモンバランスがとても不安定になっています。

 

生理の時って、すごくお腹がすいたり、イライラしたり、憂鬱になったり、眠たかったりしませんか?
それはホルモンバランスが関係しているそうです。

 

ホルモンバランスがみだれると、肌のバリアが薄くなり、刺激に敏感になります。

 

生理の時になるとニキビができたり、肌荒れをおこすのはお肌の抵抗力が低くなっているため。

 

このような時に脱毛をすると、痛みを感じてしまったり、肌トラブルの原因になってしまうので、脱毛には細心の注意が必要なんです。

 

キャンセルが何のペナルティもなくできる間に早めにキャンセルをする勇気をもちましょう。